会社沿革


明治30年代 創業、 理化学機器等の製作販売を開始。
1926年 (大正15年) 国産第1号反射望遠鏡を製作、京都大学に納入。
1929年 (昭和4年) 国産初15cm屈折望遠鏡を製作・納入。
1932年 (昭和7年) アインシュタイン効果観測用望遠鏡を製作、京都大学に納入。
1936年 (昭和11年) 東京天文台(現国立天文台)に
アインシュタイン効果観測用望遠鏡を納入。
1940年(昭和15年) 国産初反射式望遠カメラ(ミヤニ式)を開発、毎日新聞社に納入。
1953年(昭和28年) 当時国産最大41cm反射望遠鏡を製作、仙台市・富山市天文台に納入。
1959年(昭和34年) 当時国産最大60cm反射望遠鏡を製作、長野県 塚原学園に納入。
1960年(昭和35年) 現住所に工場完成。望遠鏡の輸出を開始。
アメリカのビーラー天文台に40cm反射望遠鏡を納入。
海外での評価が高まり、ハーバード、オックスフォード大学等に納入。
1963年(昭和38年) 法人設立、株式会社西村製作所となる。
代表取締役に西村繁次郎就任。
1977年(昭和52年) 建設業許可取得。
1980年(昭和55年) 鳥取県立少年自然の家に、
国産初コンピュータ制御40cm反射望遠鏡を納入。
1981年(昭和56年) 代表取締役に西村晃一就任。本社を現住所に移転。
1987年(昭和62年) 名古屋市立科学館に真空式太陽望遠鏡を納入。
ダイニック天究館に60cm反射望遠鏡・6.5mドームを納入。
1989年(平成元年) フィリピン大学理数科教師訓練センターに
40cm反射望遠鏡・5mドームを納入。
1995年(平成7年) 和歌山県みさと天文台に105cm反射望遠鏡・9mドームを納入。
1998年(平成10年) 徳島県那賀川町(現:阿南市)科学センターに113cm反射望遠鏡を納入。
1999年(平成11年) 県立ぐんま天文台に真空式30cm太陽望遠鏡を納入。
2000年(平成12年) 名古屋大学に1.4m反射経緯儀式望遠鏡を納入。
(南アフリカ天文台・サザーランド観測所に設置)
2001年(平成13年) 鹿児島大学に1.0m反射経緯儀式望遠鏡と7mドームを納入。
2003年(平成15年) 3月  京都大学飛騨天文台に太陽磁場活動望遠鏡(SMART)を納入。
2003年(平成15年) 11月 西はりま新天文台棟(現:兵庫県立大学西はりま天文台)に
    12mドームを納入。
2004年(平成16年) 名古屋大学太陽地球環境研究所に1.8m反射経緯儀式望遠鏡・9mドームを納入、Mt John 天文台(ニュージーランド)に設置。
中国・北京天文館に真空式30cm太陽望遠鏡を納入。
2006年(平成18年) 国立天文台・石垣島天文台に
1.05m反射経緯儀式望遠鏡・8mドームを納入。
広島大学東広島天文台に1.5m反射経緯儀式望遠鏡・9mドームを納入。
2008年(平成20年) 仙台市天文台に1.3m反射経緯儀式望遠鏡・10mドーム・
太陽望遠鏡を納入。
東京大学に1.0m反射経緯儀式望遠鏡・7mドームを納入。
(チリ・アカタマのチャナントール山(海抜5640m)に設置)
2009年(平成21年) 京都産業大学に1.3m反射経緯儀式望遠鏡と10mドームを納入。
なよろ市立天文台に10mドームとスライディングルーフを納入。
2010年(平成22年) 名古屋市科学館に新型30cm経緯儀式真空太陽望遠鏡を納入。
2011年(平成23年) 北海道大学に1.6m反射経緯儀式望遠鏡を納入。
2014年(平成26年) 情報通信研究機構に1m反射経緯儀式望遠鏡(衛星追尾用)を3台納入。
情報通信研究機構にリモートシステムのスライディングルーフを納入。





ページのトップへ戻る